2015年01月04日

【シムピープルスキン用 keynote 対応ボーン/アンカーキット V1.03】(追記あり)

シムルカでfemaleモデルに指関節付き手首を組み込めていたので、childモデルにも組み込んで
リビジョンアップ。


表情が無いせいか、米軍に身柄を確保された宇宙人みたいな風情だな・・・。ガンパレで速水と舞に
手を繋がれ持ち上げられてはしゃぐののみ、みたいな絵を目指したハズだったのだがうーむ・・・。

それはともかく、今回同梱したExportPMDプラグイン用定義ファイルの雛形を使うと、マテリアルの
設定を省略できる。使い方は、同梱のsim.txtをコピーしてMQOと同じ主ファイル名にリネーム。
メモ帳等で開いて以下の項目を書き換える。

name "モデル名"
comment "コメント"
tex "頭部BMPファイル名"
tex "ボディーBMPファイル名"

出来たファイルをメタセコをインストールしたフォルダのPlugins\Export\pmdlist へ登録すると、
PMDEditorでのマテリアル再設定を省略出来る。まあそれだけなんだがね・・・。

あとこれは男性用MQOを指関節付きで公開した時に説明し忘れていたのだが、シムのメッシュは
完全なTスタンスではなく腕が微妙に下を向いていて純正手首も同様なのだが、指関節付きのは
ボーンの仕込みやすさ優先で水平状態。なのでMMD/MMM用に腕を下向きへ30°回転させるだけで
なく、手首も10°ほど下向きへ回転させる必要がある。

追記:従来"右親指"および"左親指"としていたボーンを あにまさルカの仕様に準拠し、
    それぞれ"右親指0"及び"左親指0"へ変更しました。

【MMD/MMMの最新記事】
posted by きゅーり at 03:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | MMD/MMM
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [非公開:管理者のみ閲覧]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/109951053
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック