2020年01月14日

Windows 10

Windows 7 Pro がプリインストールされてたメインマシン、Win7 のサポート切れによりしょーがなく
Windows 10 Pro にアップグレード。すんなりイケるかと不安だったがやはりトラブった。

ウイルスバスタークラウドが Win10 に未対応でアンインストールさせられたが、それだけかと思って
ほっとしてたら再起動後の再トライで古い 7zip が未対応だと。さっきは出てなかったじゃねーか!

ハイハット音を口ずさみつつアンインストールしてまた再起動して再トライしたら、今度は
Trend Micro Internet Security 2009 を削除しろだと…。散々待たされてコレかい。

1度で済まさせろやボケぇ!

Trend Micro が公開している旧版の残骸を削除するツールを使って(そして再起動&再トライ)も駄目で、
全ドライブをキーワード検索しても何も出てこなくて、半ば途方に暮れかけつつ Trend Micro が公開し
ている TrendMicro_OldTMRemoveTool_JP_001 を実行したら、データドライブに有った旧版のインス
トーラを発見。削除したら Win10 インストールが継続した。
 
…コレさあ、システムに残骸残す Trend Micro が批判されるのは仕方が無いが、データドライブにある
システムから参照されてないインストーラまでケチ付けるってマイクロソフトの対応もおかしいだろ。

その後はサクサクとインストールが進行して完了。んだがマウスクリックの反応が異様に渋い。ええ…
もしやと思って ChatteringCanceler をキャンセルしたら常識的な反応になった。Win10 ってデフォで
マウスチャタリングに対応してるっぽいな。そこへ更に ChatteringCanceler をかましてたから渋く
なってたと。多分。

古いまま使ってた TASCAM US-144MKII のドライバを更新したり、メデイアファイルの関連付けが
リセットされたのを復旧したり(くっそ面倒くせぇ…引き継げよ!)、タイトルバーが常に白系でくっそ
見辛かったのを濃紺系に変えたり、使えなくなったガジェットの時計やカレンダーをアプリwで代替し
たり、で何とかした。後はもう慣れるしかないよなあ。

このブログ的に問題なのはシムピが事実上動作しなくなった事。やって出来なくはないらしいのだが、
シムピを遊ぼうとする度にテストモードで OS 起動せにゃならんのはかったるすぎる。尤も起動しな
くなって久しいのだけれどもね。Win7 32bit のままにしておくサブマシンで遊ぶしかないな。

その他に気づいたのは、リモートデスクトップがくっそ重くなった事。元々もっさり動作だったのが
更に遅くなって、実用性無いレベルに。最近は使ってなかったし、元々シムピやエイジオブエンパイア
が動作しなかったから、特に困らないのだけれども。
【雑記の最新記事】
posted by きゅーり at 15:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [非公開:管理者のみ閲覧]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187034876
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック