2013年06月07日

【シムピープルスキン用 keynote 対応ボーン/アンカーキット V1.01】

きしめんシムピ俺得 AllStar (訂正と追記あり)では「つま先持ち上がり現象」が未解決だったが、
つま先IKボーンの位置を修正する事で解決した。

以前に訪れた事のある"黒ゆのBlog:KeynoteとMMDのIKの違いについて"を見ていて、ウチのケースと
似ているがダミーボーンを追加して対処せにゃならんってトコが釈然とせんなあ…、などとぼんやり考
えてた。白状すると未だに何で持ち上がってしまうのかきちんと理解出来ていないのだが。ただ、何と
なく「IKで拘束されるボーン鎖の末端ボーンの先端近くにIKボーンの根っ子を配置するのではなく、
末端ボーンとIKボーンの根っ子を一致させれば持ち上がらないのかも」という気がして、試してみた
ら旨くいった。ダミーボーンを追加する必要は無し。次の画像、上が修正前で下が修正後。赤ポリが
IKボーンで水色ポリがつま先ボーンね。



PMD/PMX で出力し PMX Editor に読み込ませ、TransformView で確認。上が修正前で下が修正後。



持ち上がり現象が無くなった。やれやれ…。早速ボーンアンカーキットをリビジョンアップして公開
本当は女性/子供用の手首メッシュが出来てから更新するつもりだったのだけれども、手首メッシュは
ともかくつま先持ち上がりは早急に改善すべき案件なのでね。という事で、手首メッシュは男性モデル
にのみ含まれております。女性/子供はつま先IKの修正のみ。待ちきれない人は男性モデルから移植
して凌いでちょうだい。オマケで前回記事の SMB 仕様に変換する VBS ファイルも同梱しておいた。

不足はあるが不具合は無くなった(はず)ので、さっそくボブとモティマーとついでにバーブの三人を
PMX 化して LOVE & JOY を踊ってもらった。



>> Keynoteでボーンを入れたMQOをSMB仕様に変換(追記と修正あり)
【MMD/MMMの最新記事】
posted by きゅーり at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | MMD/MMM
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [非公開:管理者のみ閲覧]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69012148
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック