2020年11月13日

1/8 CELICA LB 2000GT:その0

実は hachette collections の 1/8 CELICA LB 2000GT を定期購読してたのよ。

...

続きを読む
posted by きゅーり at 17:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 模型

2020年01月17日

3Dプリンタ その4

出力した3D印刷物は完全には硬化していない仮硬化?なので、紫外線を浴びせて本硬化させる必要が
ある。実際、出力直後の品物表面はちょっと擦っただけで荒れてしまうくらいヤワい。なので日光浴さ
せるか UV ライトを使う。日光浴であればお金がかからないが、廃棄物の処理とか他の用途もあるので
UV ライトを購入。なるべくW数が大きくて高さのあるモデル、で選んだのがコレ。


こいつはサクラチェッカーだと 99% サクラだと判定されるんだよな…。しかし、条件を満たす製品は
どれも中華製で、というかお手頃価格のネイルドライヤーはほぼ全て中華製なのだけれども 90% 以上
サクラの判定が下る物ばかり。迷っていても埒が明かないのでダメ元でポチった。
 
続きを読む
posted by きゅーり at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 模型

2020年01月03日

3Dプリンタ その3

何の製品でもそうだが、メーカー提供のサンプルは見栄えとハッタリが優先されるもので、これは商売
なのだからある程度はしかたない。しかし、肝心なトコがワカランのは利用者としては困るわけで。
しょうがないから人柱様のレビューで足りなければ自分で検証するしかない。

まずは3Dといえばお約束のトウフから、メタセコで 100×100×100 の立方体を作ってみる。
メタセコ Ver3.1.6 で作ったデータが使えるか、数値や造形出力がどうなるか検証するわけだ。


立方体と言いつつ上面に窪みがあるが、当初ソリッドで済ますつもりだったから。ただのキューブだと
Platform から剥がした後でどれが底面だったか判らなくなりそうだったので付けた目印だった。
レジン節約で中空にしたので無意味になったが。
 
続きを読む
posted by きゅーり at 18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 模型

2020年01月01日

3Dプリンタ その2

あけおめ。

昨日近所のホムセンを巡ったが IPA はどこも扱っていなかった。しょうがないので燃料用アルコール
お茶を濁す。とっとと動作確認したいからね…。

というわけで、電源入れて付属のメモカを挿して Resin Vat にレジンを適当に注いで二つ有るサンプル
データのうち一つ目を選択し造形開始。そんでもって4時間7分後に終了して洗浄した物がこちら。
Filename: Nova3D_Test.CWS
Layerthickness: 0.05mm


ベースの底面が全てべったり Platform に張り付いているもんだから剥がすのに一苦労した。付属の
ヘラでは無理だね、佐藤氏のレビューでも出来ていなかったからオルファ鉄の爪で引っぺがした。
付属のヘラは Resin Vat に残ったレジンをかき集める用だねえ。Platform に傷を付けたくないから金
属ヘラは使いたくないんだよな、微かに磨れた痕が残ったし。剥がす為の捨て形状を付与しておいて、
そこに金属ヘラ食い込ませ抉って剥がす、みたいな配慮が必要かも。でないと Platform が傷だらけに
なって造形に支障が出る事になるかもしれない。
 
続きを読む
posted by きゅーり at 12:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 模型

2019年12月31日

3Dプリンタ その1

光造形3Dプリンタ NOVA3D Elfin を購入。



撮影ロケーションの都合で歪みが酷かったので、目視の印象に似せるよう適当に補正してある。
 
続きを読む
posted by きゅーり at 03:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 模型

2017年08月17日

ドールアイ その1

部屋の整理をしていたら、死蔵していたドールアイを発掘。サイズは8mmのREDとBLUE、12mmの
BLUEで計三種類。所謂スズセイ製のグラスティック・アイだ。

8mm




12mm




続きを読む
posted by きゅーり at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 模型